女性の5人に1人はかかるといわれている子宮筋腫。子宮筋腫は子宮の中に筋腫ができてしまう夫人疾患ですが、定期検診に行かなければ自分で見つけることが難しい疾病でもあります。

 

子宮筋腫になると、体にいろいろな症状が起きてきます。子宮の疾患だから子宮周辺に症状が現れれば医者に行こうかなとも思うのでしょうが、子宮とは全く別の場所で体のトラブルが起きたりするので、なかなかそれを子宮筋腫に結び付けられる人は少ないようです。子宮筋腫がもたらす症状の中には、頭痛やめまい、肩こりなど、肩こりが引き起こす症状とよく似ているものも少なくありませんし、イライラしたり、貧血になりやすくなったりすることもあるようです。

 

健康的な食生活をしているのに、最近貧血気味だなという人や、肩こりと貧血を両方持っている問人は、もしかしたら子宮筋腫が原因なのかもしれません。健康診断などの婦人科検診を定期的に行うようにしましょう。

 

もし子宮筋腫だった場合には、筋腫が子宮のどのあたりにできているのか、どのぐらいの大きさなのかによって治療方法が異なるようです。子宮筋腫があるとどうしても支給の形が変形してしまうため、妊娠しにくくなってしまうようですが、無事に妊娠して筋腫の場所が胎児の発育などに問題ない場所にあるなら、そのまま筋腫をキープしたまま出産するのもOKということもあるようです。しかし、筋腫が原因で感染症にかかりやすくなったり、妊娠中に筋腫が成長すると流産のリスクも高くなってしまうので、多くの病院では筋腫の治療を先に進められることが多いようです。

 

筋腫が原因で肩こりが起きていた場合、筋腫を手術で除去すれば、肩こりの原因がなくなるので、肩こりも自然と改善されていきます。筋腫を抱えている間はずっと慢性的な肩こりに悩まされることになってしまいますが、普段からマッサージなどをして筋肉のコリをほぐしてあげれば、肩こりを少し軽減できるかもしれませんね。

 

お得な肩こり解消商品をアマゾンで探す!

 

肩こり解消商品当サイト人気ランキングを見る!