肩こりが起きる場所は、人間の肩。肩の部分は頭部を支えている首にも近い部分であると同時に、心臓や肺などの臓器に近い部分でもあります。そのため、肩こりで肩周辺の筋肉が凝ってしまうと、それが周辺の臓器にもマイナスの影響を及ぼし、それが胸の痛みという症状として現れることも少なくありません。

 

胸痛を引き起こす原因にもいろいろなものがありますが、どんな場合でも胸が痛くなると怖いですよね。胸痛が深刻なものか銅貨を判断するためには、胸の痛みが安静時に起きているのか、それとも動いている時に起きているのかを区別することで判断できることもあるようですが、肩こりが原因で胸痛が起きている場合には、どんな場合にも関わらずに胸が痛くなることが多いようです。

 

ただし、たとえ生活習慣が原因の肩こりが原因だったとして、肩こり自身はそれほど深刻なものではなくても、肩周辺の筋肉のコリが広がって胸の筋肉や心臓などの臓器も硬直させてしまうのでは問題です。肩こりが原因で胸痛になった場合には、様子を見たりせずに、できるだけ速やかに専門家の診断を仰ぐようにしてくださいね。

 

心臓の疾患を抱えている人が、その症状の一つとして胸痛や肩こりなどの症状を訴えることも中にはあります。自分が心臓疾患を抱えていることを知らないまま慢性的な肩こりで悩んでいたりすると、ちょっとした頭痛やめまい、胸痛などもうっかりと見過ごしてしまうこともあるかもしれません。しかし、内臓疾患や心臓疾患は全身のあちこちに症状が現れるだけでなく、お風呂に入って筋肉をリラックスさせたり、安眠して全身の代謝によって肩こりを解消しようとしても、なかなか’肩こりが改善されないどころか、どんどんコリがひどくなってしまうこともあります。それは、抱えている疾患によって肩が凝っているからなのです。

 

肩こりが胸痛を引き起こすこともあれば、胸の疾患が肩こりを引き起こすこともあります。いずれの場合でも放置して良いことはありませんから、できるだけ早く医師に診てもらい、必要な治療を行うようにしてくださいね。

 

お得な肩こり解消商品をアマゾンで探す!

 

肩こり解消商品当サイト人気ランキングを見る!