肩こりと歯がしみることには、あまり関係がないような気もしますが、実は肩と歯には大きな関係があります。つまり、肩こりが原因で歯がしみるようになってしまうこともあれば、逆に、歯がしみることが肩こりを引き起こしてしまうこともあるというわけです。

 

肩こりが歯をしみやすくさせてしまっている場合には、もしかしたら肩こりの原因は猫背など姿勢の悪さにあるのかもしれません。デスクワークやパソコンワークの時間が長い肩の中には、しわ胃が悪い状態が長時間続き、頭の重量がすべて首に負担をかけていることも少なくありません。首と顎は筋肉で隣接していますから、首の疲労や負担がそのまま歯への負担になってしまうわけです。

 

毎日の生活の中で、できるだけ背筋をピンとはって背筋を良くするように心がけてみましょう。最初は背筋をピンと張ることがキツイと感じても、慣れてくれば姿勢を良くすることが快適になりますし、意識しなくても姿勢よく生活できるようになっていきます。それが、歯がしみる症状をとめることにもつながります。

 

歯科疾患として歯がしみる症状が出ていて、それが肩こりを引き起こしている場合に。この場合には、歯がしみて痛いというストレスが筋肉の硬直やコリを引き起こし、それが肩こりの原因になっているのかもしれません。歯がしみるから口の中の別の場所で食べ物を食べようとするのも、それが筋肉の無理な動作につながり、肩こりになってしまうこともあります。

 

肩こりと歯がしみるという二つの症状で悩んでいる場合には、どちらの治療を先にしたらよいのか迷ってしまいますよね。忙しい人だと、どちらの治療もなかなか足を運びにくいということもあるかもしれません。どちらの治療を先に行うべきかについては、我慢できないほうの治療から始めるのが良いかもしれません。

 

お風呂に入りながら肩コリマッサージをしたり、体を冷やさないように気を付けることも、大きな高Kがあるようです。生活習慣の改善からまずははじめてみては?

 

お得な肩こり解消商品をアマゾンで探す!

 

肩こり解消商品当サイト人気ランキングを見る!