慢性的な肩こりや頭痛で悩んでいる人も少なくありません。もしかしたら、慢性的な頭痛は肩こりが原因で起きているものかもしれません。仕事をしているといつも頭痛がする人、午後になると頭痛が始まる人、圧迫されているような頭痛を感じる人などは、もしかしたら肩こりが原因かもしれませんから、頭痛薬を飲む前に肩こりを解消する方法を模索することが必要です。

 

肩こりが原因の頭痛は、肩の凝りによってその部分の血液循環が悪くなり、頭部に必要な栄養素や酸素が行き渡りにくくなることが原因で起こります。頭部の血液は首から肩、そして背中へとずっと続いています。そのため、頭部に十分な血液や酸素を送るためには、首だけでなく、肩や背中の凝りなども解消することが必要です。

 

肩こりが原因の頭痛は「緊張性頭痛」と呼ばれることも多いようです。このタイプの頭痛は、原因が一日の生活習慣の中に潜んでいることも多く、生活習慣などを少しずつ改善することによって予防することも可能です。

 

例えば、仕事に行くのがストレスだという人も多いと思います。慢性的なストレスは肩こりや頭痛の原因になりやすいのでご法度。発想の転換をしたり、ストレス解消法を見つけるなどして、慢性的なストレスを体内にため込まないような工夫が必要です。

 

デスクワークやパソコンワークの時間が長い人は、こまめに席を立って体のコリをほぐしてあげることも大切です。腕のコリ、肩や背中のコリ、首のコリなどをほぐしてあげれば集中力もアップしますし、緊張性頭痛が起きる頻度も激減するはずですよ。眼精疲労を避けるためにも、パソコンに向かう際にはパソコン用メガネを装着するようにしましょう。

 

一日の終わりには、シャワーではなくできれば湯船にゆっくり使って、体全体のコリや緊張をほぐしてあげるのが理想的。湯船にはリラックス効果もありますから、心身ともに癒されてストレス解消効果も期待できます。睡眠時間をたっぷりと確保することも、このタイプの頭痛を予防するには効果的です。

 

お得な肩こり解消商品をアマゾンで探す!

 

肩こり解消商品当サイト人気ランキングを見る!