肩こりと同時におこりやすい首こりには、いろいろな原因があります。原因が明らかにわかっている場合には原因を取り除けば首こりも肩こりも同時に解消することができますが、原因がわからない場合や、肩こりが首こりに広がっている場合などには、肩や首の部分の血行を良くすることで、凝りにくい首を作ることが必要になります。

 

人間の体の中で最も重い頭部は、重さが3キロから5キロあり、首の筋肉に支えられています。体が小さい人ほど肩こりや首こりになりやすく、中には慢性的な首こりで悩んでいる人も少なくありません。

 

首がこると、血液の循環が悪くなり、肩や首はもちろん、頭部にも酸素や栄養素が行き渡りにくくなります。首こりがひどくなると、頭痛がしたり、集中できなくなってしまったり、めまいなど頭部にいろいろな症状があら割れるようになってしまいます。そのため、慢性的に首がこる人は、筋肉を指圧したりして刺激しながら、筋肉へ十分な酸素補給ができるように心がけたいものです。

 

具体的にどんな指圧が良いのかというと、首の後ろの付け根部分にあるツボを指圧するのがおすすめです。親指でグッと押して痛いと感じる場所を見つけたら、そこを時間をかけながら指圧してみてください。なんとなく肩や首が軽くなったような気がしませんか?筋肉やツボを刺激することによって血液の循環が良くなり、肩こりと首こりを解消することができます。指圧とともに、背中を伸ばしたりしてストレッチと平行すれば、さらに効果がアップします。

 

日常生活に支障が出るほど首こりがひどく、指圧をしても症状がまったく改善されない場合には、もしかしたら首周辺の間接などに異常があることも考えられます。一般的な筋肉疲労が原因の首こりなら、指圧をしたり、生活習慣を改善することで首こりも改善されることが多いものです。しかし、そうした処置でも症状が改善されなかったり、症状が悪化する場合には、整形外科を受診して専門家に相談してみてくださいね。

 

お得な肩こり解消商品をアマゾンで探す!

 

肩こり解消商品当サイト人気ランキングを見る!