美容成分として知られているコラーゲンですが、実はコラーゲンには肩こりを軽減するなどの健康効果もあることはごぞんじですか?

 

もともとコラーゲンは体内で生成されている成分で、トロリとした粘着性を持つ特徴が、臓器や血管などに弾力性を与えるとともに、接着剤のような役割もしています。ひじや膝、腰、肩など、骨と骨がぶつかる場所ではコラーゲンはクッション的な役割をしていて、関節をスムーズに動かせるように働いています。また、関節部分にある軟骨は、歩いたり関節を動かすことによって少しずつすり減ってしまうため、常に体内のコラーゲンが軟骨を補強しています。しかし、コラーゲンが不足すると軟骨はすり減ったままで補強されないどころか、さらに関節の運動によってすり減りが進行してしまうため、関節に痛みを感じたりするわけです。

 

肩こりの原因にはいろいろなものがありますが、加齢によって骨を作っているカルシウムが不足したり、関節痛などが原因で肩が凝っている場合などには、コラーゲンを積極的に摂取することによって、肩こりを軽減することもできます。

 

コラーゲンをサプリメントなどで摂取すると、体内にコラーゲンが入ってアミノ酸へ分解され、最終的にペプチドという分子がとても小さい成分になって小腸から血液中に吸収されます。そして体内の細胞ペプチドが運ばれて、そこでコラーゲンが生成されるというわけです。加齢によって自然に生成できるコラーゲンの量がどうしても減少してしまうため、不足分をサプリメントで補給してあげるわけですね。

 

体内にコラーゲンをたっぷりと補給してあげると、新陳代謝が活発になるという効果もあります。新陳代謝によって肩の部分の筋肉のコリをリラックスさせることもできるので、肩が凝りにくい体質を作ることにもつながります。また、骨が強くしっかりと丈夫になるだけでなく、弾力があってしなやかで損傷しにくくなるため、筋肉を支える骨格も強くなり、肩こりが起きにくくなるのも大きなメリットですね。

 

お得な肩こり解消商品をアマゾンで探す!

 

肩こり解消商品当サイト人気ランキングを見る!